45歳子ども部屋おばさんニキビと闘う

45歳子ども部屋おばさん、ニキビと闘う

日本未承認の薬・イソトレチノインを試した記録です。無言フォロー大歓迎

ニキビ地獄になったきっかけ

当ブログの運営者は専門家ではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。 当サイトに存在する、文章・画像等の著作物の無断転載はお控えください。引用の範疇を超えるものについては法的処置を行います。

1977年生まれ。

更年期にさしかかった45歳の今でもニキビに悩まされている私ですが、

意外なことに思春期はニキビと無縁の日々でした。

 

問題は大学生になった頃です。

18歳で一人暮らしを始めました。

 

TVCMを見て「もっとツヤツヤになりたい!」

と思った化粧初心者の私は知識もないのに❝リキッドファンデーション❞に手を出します。

 

大学デビューを狙った結果、ニキビとの闘いが始まりました。

 

リキッドファンデーションの扱い方が悪かったのか、たまたまそのタイミングだったのか顔中にニキビが突然大量発生。

 

それまで顔やスタイルはともかく、肌だけは褒められていた私は打ちひしがれました。

 

ドラッグストアに行っては「ニキビ用」と書かれたアイテムを買い漁りました。

 

大学の近くのドラッグストアではバイトをしている友達に見られる可能性もあり、恥ずかしかったので、わざわざ遠くのドラッグストアにまで自転車をぶっとばして行ったり。

 

しかし、ニキビ用の洗顔や化粧水を使っても効果はイマイチ。

 

一人暮らしにしては食生活も生活リズムも悪くはなかったのですが

「チョコやポテトチップスはやめよう」

「枕カバーは毎日洗おう」

などといったことも意識しました。

 

地道に努力した結果、顔中のニキビは落ち着きましたが、口回りのいわゆる「大人ニキビ」はそれから今日までの27年間0になることはありません。

 

↓ニキビが酷い時期は写真を拒否ってたので、これは18歳~22歳の中でいちばんマシな頃の肌です。

(顔がテカテカ・パンパンで眉毛が薄いのは若さと時代のせいにさせてください……)